セロトニン 薬

従来の抗うつ薬を乗り越えたジェイゾロフトの効能は素晴らしいです

ジェイゾロフトは、憂うつな気分をやわらげ、前向きに変えてくれる薬です。

 

 

うつ病やパニック障害の患者に用いられて効果が出ています。

 

 

アメリカから遅れること15年の2006年に我が国で認可された抗うつ剤で「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」と位置づけられています。

 

 

セロトニンは、気持ちの有りようを伝える神経伝達物質です。

 

 

この薬は、セロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害することにより、脳内シナプス間隙のセロトニン濃度を高めて、神経伝達をぐっと良くします。

 

 

その為、うつ状態が改善され、気分が楽になるのです。

 

 

そしてセロトニントランスポーターにだけ結合するので、抗うつ薬特有の副作用がほとんどないと言われています。

 

 

従来の抗うつ薬に多い口が乾きがちになったり、便が不規則になったり等の副作用が軽減されています。

 

 

その為、第3世代の抗うつ薬とされて、うつ病の主要薬として広く処方されています。

 

 

ジェイゾロフトの利用者は、多くの人達が「作用の強力さ」を口にしています。

 

 

今までの多種ある抗うつ剤よりも、テンションの上がり方が高くて、その効果の再現性は高いものがあります。

 

 

また薬の効能が切れてきたときも、そんなに落ち込みが出るということがあまりないので、広く治療に用いられています。