抗うつ病

抗うつ剤に革新をもたらしたジェイゾロフトとは

日本では、年々うつ病に悩む方が増えているとされています。

 

 

複雑化する社会と希薄になる人間関係の中で、精神的な問題を抱えて苦しむ方が非常に多いのです。

 

 

かつて、うつ病は外見からは判断出来ない事から周囲の理解を得にくいばかりか、怠けているといった様な誤解を受けやすかったのですが、現在では理解が広まりつつあり、改善方法も沢山生まれています。

 

 

さて、うつ病の治療には様々な医薬品が開発されて来ましたが、1991年にファイザー製薬から発売されたゾロフトは抗うつ剤として革新的な医薬品となりました。

 

 

ゾロフトは日本国内では2006年にジェイゾロフトという名前で発売されています。

 

 

この治療薬の革新性は、それまでの抗うつ剤と違い、セロトニン系のみに強力に作用するという事にあります。

 

 

ゾロフトが登場するまでの抗うつ剤は便秘や口の渇きなどといった副作用が起きやすかったのですが、ゾロフトは作用範囲が限られているので、副作用を大きく軽減する事に成功しているのです。

 

 

また、効果の持続時間が長く、一日に一回服用すれば良いというのも大きな特徴です。

 

 

こうした事から、ゾロフトは日本ではジェイゾロフトとして抗うつ剤でナンバーワンのシェア率を誇っています。