ジェイゾロフト錠

ジェイゾロフトの利用価値

ジェイゾロフトは現在ではうつ病、うつ状態治療薬の主流であるSSRIの一つ。

 

 

我が国では比較的近年になって認可されたが、海外では広く使われていた。

 

 

また、パキシルと同じようにPTSDやパニック障害にも有効(というか、パキシルと内容的に変わらないので)といわれているが、保険適用にはなっていない。

 

 

我が国ではうつ病、うつ状態ではパキシルを第一選択にすることが多いのでやや地味な存在であるが、パキシルで思った治療成績が上がらない場合の代替薬として使われてる場合が多いと思われる。

 

 

パニック障害にも適用になっているのが使われ方は同じである。

 

 

しかし、ユーザ=の話を聞く限りパキシルよりも副作用が少なく抗うつ作用ではこちらの方がいいというひともおり、Dr.もこちらを選択する場合が増えてきたのでうつ病薬物治療の主流の一つになるのではと期待されている。

 

 

また、着目されてる点では他のSSRIよりも効き目がマイルドである傾向が見られるので、高齢者のうつ状態への処方にも使われている。

 

 

特筆されるのはその効き目のマイルドさと同じように、SSRIに強い減薬時の離脱症状も少ないことが使いやすい要因となっているようである。

 

 

特に問題の多いパキシルに比べればかなり軽いので、患者の方から指名してくることも多い。

 

 

しかし問題もある。

 

 

これは全部の抗うつ剤に言えることだが、年少者への処方は自殺念慮の増大である。

 

 

この点は添付文書でも注意喚起されている。