ジェイゾロフト

遅れてきた強力なSSRIであるジェイゾロフト

私たちの国は会社や自宅でのストレスに加えて、電力会社の重大な不手際あるいは、怒りを何処にぶつけて良いのかわからない様な、自然からの脅威等に基本的には目を背けずににして、立ち向かうべきなのですが、それは少なくとも精神的な持病・あるいは肉体的な支障が無い健康な人々のみに限られます。

 

 

様々なことから、精神的なダメージを受けても健康体の時のあなたであれば、腕に蚊が止まったようなものであったと思われます。

 

 

しかし、一線を越えたストレスを抱えた精神的に障がいを負った人には、単なる拷問でしかありません。

 

 

ですから、うつ病やパニック障害といったものに理解のない、あるいはしようとしない人からは距離をおきましょう。

 

 

可能であれば、そのような人からの電話のレジェクトしておくように設定するか、電源OFFにしておくという方法も考えられます。

 

 

私たちの国で認可されたSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)は幾つかありました。

 

 

ジェイゾロフトという抗鬱剤の特徴は、セロトニン系のみの神経に働く特徴と共に、別の無関係の健康な場所を害することなく使用出来るので、それ以前に開発されていた薬の副作用である、のどの渇き、たちくらみ、ふらつき等の症状が大幅に軽減されています。

 

 

またその上、作用が他の「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」より、強力であると言われていますので大いに期待出来ます。

 

ジェイゾロフト(J Zoloft)うつ 症状改善・うつ克服

2006年中頃から、ジェイゾロフト使用が認められた,国内3番目のSSRIで、日本で認可が下りたのは世界中ではとっくの昔から使用されてから随分と月日が経ってからということになります。

 

 

何故なら、日本ではいた抗うつ剤に限らず、日本かなりの厳しい検査や治験等を通過して、やっと市場に出てくるという塩梅だからなのです。

 

 

どの薬もそうなのですが薬には期待される効果が現れる本作用と、期待されずに吐き気が止まらなかったり、頭が痛くなったりという問題があり、そのバランスを考慮して、薬は患者に出されるものであると、ある医師から聞いたことがあります。

 

 

それは、なるほどうなずける話です。

 

 

それであれば、ちょっと工夫をして、薬の量を変更する事を適宜診療医に承認を得たなら、次回の診療日に事後報告するという方法も一考です。

 

 

あなたが、薬に敏感なタイプの方であるとするならば、ジェイゾロフトは、幸いにもカプセル錠であるので、ピルカッター(薬を割るカッターが付いている道具)で半分に割って飲んでみる等をしてみるのも、良い案ではないかと思います。

 

 

また付け加えるなら、ジェイゾロフトは摂食障害や外傷後ストレス障害(PTSD)等にも応用される事があるので、頭の片隅にでもおいておきましょう。

 

うつ病治療において、ポピュラーなジェイゾロフトの使用について

企業で働く方の中で、うつ病という病を抱える方が増えています。

 

 

厚労省の統計にも出ていますが、ストレス社会と言われる昨今、個人にかかる負荷は増えており、発散できない思いを抱えすぎ、うつ病を発症するのです。

 

 

第一線で働くビジネスマンにも起こりえる病であり、私は大丈夫という方ほど注意する必要があります。

 

 

うつ病治療において、第一に行うことがストレス因子の把握と、自身をストレスから遠ざけること。

 

 

そして、ただ何もせず、ストレスのない環境でゆっくりと休むことで、心身ともに改善に向かっていきます。

 

 

治療にあたっては、環境整備と同時に薬物療法を行っていきます。

 

 

その際、ポピュラーな薬がジェイゾロフトという薬です。

 

 

この薬はセロトニン再取込阻害薬という名のとおり、脳内のセロトニン濃度を上げていくことに特化したお薬です。

 

 

セロトニンとは別名「幸せホルモン」と言われる通り、脳内で生成され、精神に安らぎを与えるホルモンと言われています。

 

 

副作用として、吐き気、下痢等が挙げられていますが、実際に症状として現れる方は少なく、安心して使える薬と言えます。

 

 

処方は精神科、心療内科の医師が行ってくれます。

 

 

うつ病については、早期発見、早期治療が重要です。

 

副作用が少ない鬱病の薬

生活のために仕事を続けなければいけない方でも、人生にはかえられません。

 

 

うつ病の初期症状は色々とあるのですが、胸部痛や摂食障害、コミュニケーション障害等があります。

 

 

症状が重症化する前に病院受診し、自身の状況を医師や専門のカウンセラーにありのまま伝えること。

 

 

そして、そのアドバイスをしっかりと聞き入れることが大切になります。

 

 

早期に薬物療法を開始すれば、仕事の復帰時期も早くなり、結果として良いのです。

 

 

精神薬に対しては、飲むことに抵抗がある方も多いかと思いますが、ジェイゾロフトについては、自身が普通の状態に戻っていく実感を得た後は、特別な効果を実感することは少ないです。

 

 

ただ、こういった薬は、症状が軽減すると自身の判断でやめてしまう方が非常に多く、結果として病気の再発につながってしまうことがあります。

 

 

症状が軽減しても、医師が定める期間は、服薬を続けていくことが大切になります。

 

 

うつ病の薬物療法は、時間をかけて行うもの。

 

 

仕事を休みはじめてから、復職の後まで、非常に長期の間、飲み続けて行く薬になります。

 

 

長期的に付き合う薬だからこそ、ジェイゾロフトは副作用が少なく、続けやすい薬と言えるでしょう。

 

ジェイゾロフトは抗鬱剤の一つです

抗鬱剤と呼ばれる薬は数多くありますが、その一つがジェイゾロフトです。

 

 

セロトニン系の神経にのみ働きかける物で、その他の部分に作用する事は有りません。

 

 

その為、それまで多く用いられてきた抗鬱剤を利用した人が感じて来た口が渇く感じがするとか、便秘気味になってしまうという副作用がかなり軽減されるものです。

 

 

一般的には抗鬱剤として処方されますが、この薬の特徴としては、1回服用すれば24時間効果が持続するという事が挙げられます。

 

 

その為、1日に1回だけ服用すれば良い薬です。

 

 

しかも、服用のタイミングはいつでも良く、医師に指示された場合を除けば自分でいつ飲むかを決める事もできます。

 

 

ただ毎日違う時間に飲むのは良くないので、飲む時間を決める様にしましょう。

 

 

ところで、副作用はかなり少ない薬なのですが、人によっては服用後に眠気を感じる事も少なくありません。

 

 

そういう人は、出来るだけ寝る前に飲むようにしましょう。

 

 

そうすれば日中眠気に襲われて生活に支障をきたしてしまうという事がかなり減ります。

 

 

また、ジェイゾロフトは服用したらすぐに効果を発揮する薬とは違います。

 

 

1回、2回と飲んでみても、まずその時点では何ら変化を感じる事は有りません。

 

 

効果が感じられるのは大体2週間程度かかり、それ以降となるので、数日飲んでも全く変化がないからと言って服用を勝手に辞めてしまうのはやめましょう。

 

メジャーな抗うつ薬

一度服用するようになると、ある程度まとまった期間は飲み続ける必要が出てきます。

 

 

最少量は25mgなのですが、その人の症状によってそこから増やしていきます。

 

 

ただ自己判断で増減する事は良くないので、その都度医師に判断を仰ぐようにしましょう。

 

 

また、鬱状態が少しずつ良くなってきたと感じたら、少しずつ薬を減らしていき、最後には辞める事も可能です。

 

 

それを断薬と呼びますが、ジェイゾロフト自体は副作用がかなり少ない薬なので、徐々に薬の量を上手く減らしていけば、それほど離脱症状を感じる事は有りません。

 

 

ただ自分で急にやめてしまう事、減らして行ってしまうのは良くない事があるので、出来るだけ病院で相談をして医師の指示に従って行うようにしましょう。

 

 

またその人の体質や周りの環境などによっても効果や副作用の出方が違う事も知っておくようにします。

 

 

ジェイゾロフトは穏やかな効き目で、抗鬱剤を服用する人が必ず飲む薬だと言っても過言ではない程メジャーな薬です。

 

 

ただアルコールを一緒に服用してしまうと副作用が出やすくなったりするので、日頃からアルコールを摂取している人は病院で飲んでも良いかどうか、また注意点はあるかなどを聞くようにしましょう。